LAWYER弁護士紹介

弁護士 八木俊行(愛知県弁護士会所属)

昭和53年(1978年) 名古屋市生まれ
平成17年(2005年) 最高裁判所 司法修習生(第59期)
平成18年(2006年)

弁護士登録(愛知県弁護士会)

以後、名古屋市内の法律事務所にて勤務

平成25年(2013年) 伏見通法律事務所設立

ごあいさつ

ごあいさつ

私は名古屋で生まれ育ちました。
地元の市立向陽高校を卒業後、大学の4年間のみこの地を離れておりましたが、卒業後、名古屋に戻り、以後、今日に至るまでこの地で暮らしております。
この間、平成18年より弁護士として法律業務に従事するようになり、平成25年1月に当事務所を設立しました。
私は弁護士業はサービス業であると考えますので、常に「自分がサービスを受ける立場であったら満足できるか」という視点を持ち、業務を行います。

私自身、例えば、病院で医師の診察を受けた際に説明内容がよくわからず不満が残ったという経験がありますので、業務を行う際には、問題となる法律、先例 の状況、私が考える処理方針、そして必要となる費用について、できる限り丁寧に、わかりやすくご説明いたします。
弁護士が対応できるのは法律問題に限られますが、私は、そのことを自覚し、限られた範囲でいったい何ができるのか真摯に考え、ご依頼人にとって最善の結果が得られるよう尽力いたします。
また、私は、ご依頼人の意思を尊重した事件の解決を目指します。これは当然のことであるとともに、そのことがよりよい解決につながると考えるためです。